動画制作

動画制作の前に「目的」と「ターゲット」に明確に

動画制作にあたっては、まず「目的」と「ターゲット」を明確にすることが必要です。
動画は表現の幅が広いため、例えば商談で自社製品の優位性を伝える動画と採用イベントで大学生に自社を知ってもらうための動画では、伝える内容も表現も異なります。
動画の伝わる力を最大化するためにも、これらを事前にヒアリングの上、ご提案に盛り込んでいきます。

目的の例

  • 製品の特長を
    わかりやすく伝えたい
  • ブランド価値を高めたい
  • 生産設備、体制を
    紹介したい
  • 展示会で来場者の
    目を引きたい
  • 業務内容や社員の人となりを
    知ってほしい
  • 言葉や文字で説明が難しい内容を
    直感的に理解させたい

ターゲットの例

  • 新規顧客
  • 既存顧客
  • 株主、投資家
  • 求職者(新卒・中途)
  • 社員、従業員
  • 取引先、仕入先

目的に合わせた「伝わる表現」をご提案します

動画には実写、アニメーション、CGなどの多彩な表現があり、これによって動画全体の雰囲気が決まります。またそれぞれに得意な分野があり、伝える内容に合わせて最適な表現を選択する必要があります。

  • 実写

    実写

    実写ならではのリアルな表現が得意で、目の前にいる人・ものをイキイキと映し出します。撮り方でまったく異なる表情を見せるのも魅力です。

  • アニメーション

    アニメーション

    情報の整理・可視化が得意で、やわらかな印象が特長の表現です。
    昨今のトレンドである短い時間で情報を伝える用途に向いています。

  • 3DCG

    3DCG

    機械のメカニズムや動き方など、外からはわからない・写せない仕組みを表現することに長けています。

BtoBビジネスのあらゆる用途に対応可能です。

営業から採用、ブランディング、社内の技術継承、周年式典など、BtoBビジネスのあらゆる用途の動画制作が可能です。

動画制作の流れ

現状の課題や目的、ターゲットなどをお聞きした上でご提案を作成し、ご納得いただけましたら制作作業に入っていきます。動画の内容によっては撮影やナレーション収録がないケースもあります。