ブランディング動画

企業の理念やビジョン、製品やサービスの特徴、利用シーンなどをわかりやすく見える化して、ステークホルダーとの繋がりを強め共感を生むことがブランディングの目的です。製品・サービスの良し悪しや価格なども重要なファクターである一方、同時に企業の姿勢やこだわりも合わせて伝えることで、自社のファンとなってもらえる可能性が高まります。動画はその性質上、情緒的な価値を伝えることも得意なため、他の媒体よりもメッセージを伝えやすく、魅力をより伝えやすくなることがポイントです。

ブランディング動画のポイント

  • 自社や製品・サービスが認知されやすくなる

    自社や製品・サービスが認知されやすくなる

    一般的な製品・サービスの紹介動画とは異なる形で世の中に発信されること、PR色よりも情緒的な印象が強い内容に仕上がることなどから、今まで自分には関係がないと考えていた人の目に留まる確立が高くなります。結果的に今までにはなかった層にも訴求でき、自社や製品・サービスが従来よりも認知されやすくなるという状態を作り出すことができます。

  • 共感や愛着などの印象を与えることができる

    共感や愛着などの印象を与えることができる

    ブランディング動画では企業としての想いやこだわり、ビジョンなどを映像化することが多く、メッセージ性が他の動画よりも高くなります。セールス色の強い動画に比べて、内容に共感してくれたり、自社に対する愛着を持ってもらえる可能性が高くなり、ファンづくりやリピーターづくりに繋げやすくなります。