製品・サービス紹介動画

たとえ優れた製品やサービスであっても、その良さが顧客に伝わらなければ効果をあげることはできません。動画なら製品やサービスの特長、独自の価値、エビデンスなど、伝えたいことを短時間でわかりやすく訴求することができます。また、イラストやCGを用いて見えないものを見える化したり、企業秘密などの見せたくないものをイメージで表現したりなど、実写では難しい見せ方もカバーすることができます。保険やシステム、Webサービスなど実体のないサービスとの相性も良く、幅広く効果が見込めるコンテンツです。

製品・サービス紹介動画のポイント

  • 製品やサービスの特長を短時間で直感的に訴求できる

    製品やサービスの特長を短時間で直感的に訴求できる

    動画はさまざま存在するメディアの中でも特に情報量に優れていて、1分間の動画の情報量は文字に換算すると約180万語、Webページでは約3600ページ分とも言われています。情報量が豊富なため、同じ内容を説明しても他の媒体より短くまとめることができ、表現方法も多彩なことからわかりやすく、短時間で、直感的な理解を促すことができます。

  • 見えない部分を見える化したり、逆にぼかして表現できる

    見えない部分を見える化したり、逆にぼかして表現できる

    製品やサービスの核となるコア技術や他社にはない独自の製造方法など、サービスのアルゴリズム公開が難しい要素やそもそも撮影ができない部分も存在します。そんなケースでは、該当の部分だけをイラストや3DCGで表現することによって、実物を見せることなく視聴者に具体的なイメージを促すことができます。

  • 特に保険やシステムなどの実体のないものとの相性が抜群

    特に保険やシステムなどの実体のないものとの相性が抜群

    保険をはじめとした無形商材や各種Webサービス、専門性の高いサービスなは内容が複雑であることが多く、理解するまでに時間を要します。動画はイラストやグラフィックで情報を見える化し、かつそれを動かすことができるため、わかりにくいものをわかりやすくする能力は大変高くなっています。