研修・教育動画

ものづくりの現場を中心に、技術やノウハウの継承が課題となっています。「自社ならではの強み」を次世代へ正しく伝えることはもちろん、安全意識の向上や作業の効率化など、常に改善し続けなければいけない領域でもあります。さまざまなバックボーンを持つ人が集まる組織の中で、できるだけ多くの人に、正しくわかりやすく伝えるためには、動画の持つ情報量の多さとわかりやすさは大きな強みです。例えば言葉が通じない状態でも、動きは万国共通であるため「見て覚える・理解する」ことが容易に行えます。

研修・教育動画のポイント

  • 口頭指導や紙媒体に比べ負担が少なく効果が大きい

    口頭指導や紙媒体に比べ負担が少なく効果が大きい

    研修対象が多くなるほど、対面の指導ではフォローが難しくなったり、指導する人のスキルによって効果にバラツキが出てしまいます。紙媒体も文章やイラストでは細かいニュアンスが伝わらない部分もあるなどの課題があります。動画は対象の人数によらず一定の効果を出すことができ、他の手法に比べて伝わりやすいという面があるため、教育側の負担を抑えつつ効果を高めることができます。

  • 言語を問わず「見て覚える・理解する」ことができる

    言語を問わず「見て覚える・理解する」ことができる

    マンツーマンの指導や紙媒体では、教育対象の国籍が変わると翻訳が必要となりますが、動画の場合は「見て覚える・理解する」ことができるため、言語の壁に阻まれることなく日本国内と同様の効果を期待することができます。特に複数の海外拠点を持つ企業の場合は、教育コストを大幅に抑えることが可能になります。

  • VRやARなどとの相性が良く、相乗効果が期待できる

    VRやARなどとの相性が良く、相乗効果が期待できる

    例えばVRを活用すると自分自身の目線で動きを体験することができるようになり、「ベテランの工員がどのように腕や指を動かしているのか」といった細かな動きも別の角度から体験でき、自身の動きとも比較しやすくなります。特に技術系のスキル継承で有効とされ導入も進んでいます。