工場紹介動画

ものづくり企業にとって工場とは、自社の価値創造の中核であり、また大変大きな資産でもあります。製品がどのように作られているのか、導入されている設備や生産能力などアピールポイントは多く、顧客はもちろん株主や金融機関、求職者に至るまで、メーカーとしての力や安心感を訴求できます。最近では取引先や認証機関からの実地監査やリモート監査の対応に活用するケースも増えており、今後さらに活用の幅が広がるコンテンツとして期待されます。

工場紹介動画のポイント

  • メーカーとしての能力を効果的にアピールできる

    メーカーとしての能力を効果的にアピールできる

    製造する製品はもちろん、製造設備や体制、スペック、工場のネットワークなどさまざまな情報を紹介することで、メーカーとしての能力を効果的にアピールすることができます。
    しっかりとした設備をもっている=ものづくりにきちんと投資しているという認識を与えることもでき、関係者の安心感にも繋がります。

  • 見せたい部分と見せたくない部分を両立して表現できる

    見せたい部分と見せたくない部分を両立して表現できる

    メーカーとしての能力はアピールしたいものの、自社のコア技術や他社にはない独自の製造方法など、公開が難しい要素やそもそも撮影ができない部分も存在します。そんなケースでは、該当の部分だけをイラストや3DCGで表現することによって、実物を見せることなく視聴者に具体的なイメージを促すことができます。

  • 実地監査やリモート監査にも活用可能

    実地監査やリモート監査にも活用可能

    食品関係や製薬関係などの製造工程やその管理方法が厳しく管理されている分野では、一定期間ごとに取引先や認証機関から監査が入ります。監査が始まる前にひととおり動画で解説して、その補足を現地で行うようにすることで現場での対応時間が少なく済み、担当者の負担を軽減することができます。もちろん来客対応やリクルートでも有効に活用できます。