映像制作用語集:あ行【アイリス】

株式会社エルモ
>  >  > 板付き(いたつき)
映像制作 用語集

映像制作 用語集

あ行 /  か行 /  さ行 /  た行 /  な行 /  は行 /  ま行 /  や行 /  ら行 /  わ行
板付き(いたつき)

元々は舞台用語で、幕が上がったとき,既に役者が舞台上にいることを「板付き」と言います。「板」とは舞台のことです。また逆に、役者が舞台袖でスタンバイしていることを「陰板」(かげいた)といいます。そこで、TVやビデオの世界でも、最初からフレーム画面の中に登場人物がいることを「板付き」と言っています。この反対で、無人の画面の中に登場人物が入って来ることを映像では「フレームイン」といいます。ちなみに、舞台上で、上手(かみて・右側)下手(下手・左側)の舞台袖で登場のスタンバイをしていることを影板(かげいた)と言っています。

 あ行

お問い合わせ