一家に一台!バイクを抜き去る衝撃の電動自転車

こんにちは
まえちゃんです。

新型のPS4(Proとスリム)が発表されましたね。
Proの方は4K対応で、HDDも1TB、無線規格もac対応となかなか魅力的。
4KやVRのコンテンツはまだまだこれからですが、純粋にスペックが
上がっているので、思わずポチってしまいそうな衝動と戦っています(笑)

さて、映像紹介の第8弾は海外の電動自転車「Greyp G12」の製品紹介ムービー。
日本で電動自転車というと、年齢層が高めの方が乗ってる印象ですが、
このはGreyp G12はスタイルも良く、ひと目見ただけではバイクと間違えるほど。
また、電動自転車でありながらバイク顔負けのスペックを持ってるスゴイやつです。

林の中で仁王立ちする男性。傍らには今回の主役「Greyp G12」
001

ヘルメットとグローブを付けて準備は万端。
002

液晶下のボタンを押すと、パワーモードに。SPEEDの数字がおかしい気が・・・
003

勢いよくスタート!
004

シーンは変わって、自宅から出てきた女性がGreyp G12の方に歩いていきます。
005

ボタンを押して、ストリートモードに設定。
006

颯爽と走り出します。
007

このGreyp G12 最高時速は65km、一回の充電で120km走ることができるという
スグレモノ。しかもバイクのようにペダルをこがなくても進んでくれます。
010

もちろん普通の自転車のようにペダルをこいで進むことも可能。
好きな方を選択できるというわけです。
011

オフロード性も高く、険しい道でもなんのその。
012

とてもスポーティーな走りを楽しむことができます。
013

実際のスピード。62kmとか「ほんとに自転車なのか?」レベルの衝撃。
014

信号待ちで後ろからやってくる赤いバイク。
015

ライダーはGreyp G12に興味津々。新しいバイクとでも思ったのでしょうか。
016

対抗意識を燃やしまくるライダー見て、さりげなくパワーモードに変更。
018

信号が変わったと同時にスタート!なんとGreyp G12がリードします。
019

車重の問題もありますが、この加速はすごい。
020

もちろん自転車なので、バイクが入れないところも走れちゃいます。
021

パワーモードではスポーツ走行も楽しめるし、
022

ストリートモードではゆったり流して走ることもできる。
023

そんなGreyp G12の紹介でした。
024

とても魅力的なGreyp G12ですが、日本では法律的に走れるんでしょうか?
時速65kmだと原付以上の速度なので、少なくとも免許とナンバープレート、
それにヘルメットが必要になりそうです。
でもそうなったらバイクと変わらないという。

日本の電動自転車とは一線を画すGreyp G12。
法律関係はどうなるかわかりませんが、一度は乗ってみたいものです。
(でも高そう・・・)

P.S.
僕も高校生の時に長い下り坂を使って、自転車で50km出したことがありますが、
今思えば狂気の沙汰ですね(笑)なんであんなことやろうと思ったのか・・・

source:YouTube

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。