恋の行方はいかに。甘く切ないお掃除ロボットのプロモーション映像

こんにちは
まえちゃんです。

9月に入ったこともあって、朝晩が少し肌寒くなってきました。
夏バテの疲れもあって、あんまり調子にのって冷たいものを食べ過ぎたり、
薄着で寝たりすると体調を崩してしまうので、注意しないとですね(自戒)

第6弾の映像紹介は、ドイツの掃除機メーカー「Kobold」の製品プロモーション。
おもちゃのロボットが掃除機のVR200 Saugroboterに恋をするという
甘く切ないストーリーになっています。

ご主人が出かけたあとの静かな部屋
001

ドアの隙間からお掃除ロボットVR200 Saugroboterが入ってきました。
002

おもちゃのロボットが目を覚まします。
003

部屋に入ってきたお掃除ロボットに興味津々なようす。
005

手を振ってみますが素通り。
006

ギターを弾いてみても、止まってはくれません。
008

ラブレターを置いてみるも・・・
010

華麗に回収。
011

踊ってみても
012

お花をプレゼントしてみても
013

見事に撃沈。
014

何をやってもダメで、ショックでうなだれるロボット
015

花占いをしながらトボトボの歩いていると、
016

後ろに気配が。
017

ここぞとばかりに自分の気持ちを伝えます。
018

うれしそうにロボットの周りを回るVR200 Saugroboter。
これはOKということなのか?!
019

仕事を終え、自分の家に戻るVR200 Saugroboter。
020

その隣には寄り添うロボットの姿がありました。
022

お掃除ロボットVR200 Saugroboterに恋をしたおもちゃのロボットですが、
彼の気持ちは無事に通じたんでしょうか。
何度も何度もフラれ続ける姿を見ていると、なんだか切なくなります。
ハッピーエンドであって欲しいですね。

また、ストーリーだけでなく、お掃除ロボットの性能(障害物を避ける、
段差を乗り越える、自動で充電器に戻るなど)もしっかりとアピール
されていて、感動モノだけで終わっていない部分がポイントです。

僕の部屋はお掃除ロボットが活躍できるような環境ではないですが、
1台欲しくなってしまいますね(もちろんおもちゃのロボットも一緒に)

source:YouTube

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。