バスどころじゃない!隕石やエイリアンが出現するバス停がアンビリーバボー

こんにちは
まえちゃんです。

最近ようやく台風のニュースが流れるようになってきました。
これだけ台風の話題がない夏というもの初めてだったような気がします。

小学生や中学生の頃は台風で警報がでると学校が休みになるので、
なかなか楽しみなイベントでしたが、社会人になると全く嬉しくないという・・・
普段よりも過酷なコンディションの中で出社ということにならないように
台風が来ないことを祈っています(笑)

第5弾の映像紹介はペプシが制作した「Unbelievable Bus Shelter 」
デジタルサイネージとAR(拡張現実)を融合させて、
人々に”アンビリーバボー”なドッキリを仕掛けています。

ロンドンNew Oxfordストリートのバス停。
001

男性が何やら作業をしています。
002

何の変哲もないガラス窓に見えますが・・・
003

突然隕石が降ってきました。
004

居合わせた女性は大慌て。呆然と立ち尽くしてしまいます。
005

次は地面のマンホールが飛んでいき、中から何かが出てきました。
006

巨大なタコのような足が男性を掴んで、穴の中に引きずり込んでしまいます。
007

突然のできごとに苦笑いするしかない男性。
008

UFOが現れて
009

映画のワンシーンのような表情を見せる人も。
010

さながらバルーンファイトのように風船に乗った人や
011

目からビームを出す巨大ロボット、
012

こちらに向かって走ってくるトラなど、さまざまなドッキリが仕掛けられています。
013

本気で驚く人、ドッキリの仕掛けを使って遊ぶ人など、いろんな表情が見られました。
014

まさしくアンビリーバボーな体験でした。
015

このドッキリは、カロリーゼロのペプシマックス(日本で言うペプシNEX)の
アンビリーバボーさをアピールするために制作されました。

その場に居合わせた人はさぞビックリしただろうと思いますが、
自分の話のネタにもなるし、この体験ができた人は正直すごくうらやましい!

このような体験型のキャンペーンは日本ではあまり見かけませんが、
ポケモンGOやPlayStation VRをはじめとして、AR・VRコンテンツは
どんどん盛り上がっていますので、今後は何か出てくるかもしれません。

日本でもやってくれ~

source:YouTube

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。