映像制作用語集:は行【ビットレート】

株式会社エルモ
>  >  > ビットレート
映像制作 用語集

映像制作 用語集

あ行 /  か行 /  さ行 /  た行 /  な行 /  は行 /  ま行 /  や行 /  ら行 /  わ行
ビットレート

単位時間あたりに何ビットのデータが処理あるいは送受信されるかを表す言葉。映像動画データの質を決定する最も重要な要素といえます。単位としては、「bps/ビット毎秒」(bps:bits per second)を使うのが一般的です。圧縮された映像データや音声データが1秒あたりどのくらいの情報量で表現されているかを表したり、通信回線が1秒間にどのくらいのデータを送受信できるかを表したりするのに使います。一般的には、ビットレートを大きくすれば、画質・音質は向上しますがファイルサイズが大きくなり、ビットレートを小さくすればファイルサイズは小さくなりますが画質・音質が落ちます。MPEGなどでは、ビットレートの範囲があらかじめ決まってしまっているので、ビットレート指定には注意が必要です。

 は行

お問い合わせ