映像制作用語集:あ行【色温度】

株式会社エルモ
映像制作 用語集

映像制作 用語集

あ行 /  か行 /  さ行 /  た行 /  な行 /  は行 /  ま行 /  や行 /  ら行 /  わ行
色温度 / color temperature

ディスプレイなどで光源の色味を表す単位のこと。色温度が高いほど青っぽく、低いほど赤っぽくなります。単位はK(ケルビン)が用いられます。初期出荷時のディスプレイでは、通常のテレビと同程度の9300~9600K程度に設定されています。DTPや写真加工では一般に5000~6500K程度の色温度が用いられます。なお、真昼の日光は5500~6000Kと言われ、カメラのカラーデイライトフィルムは5500K前後に最も適するように作られています。

 あ行

お問い合わせ