> 映像制作のすすめ方

映像制作のすすめ方

映像制作のすすめ方

映像制作の流れは大きく3つの段階に分けてお考えください

映像をつくる前

とにかく作ろうと考える前に、まず社内で以下のことを考えてみましょう。

"企画の意図"や"企画の目的"を明確に

「なぜ必要なのか」「つくる目的」「見せる相手」「完成後どこでどのように、何を目的として使うのか」といった"企画の意図"や"企画の目的"を明確にします。

企画書や要望書としてまとめる

また、5W2H(What なにを、Where どこで、When いつ、who だれが・だれに、why なぜ、How どうやって、How much いくらで)をできるだけ客観的かつ具体的に意識して整理し、企画書や要望書としてまとめることも有効です。

気持ちや熱意、ポリシー

それと同時に、ある意味、主観的な視点も必要と考えます。例えば「これだけは伝えたい!」「○○には誇りと自信をもっている!」といった、気持ちや熱意、ポリシーを制作サイドへ伝えることも非常に重要です。

映像の実制作

社内での意見をまとめたら、それをもとに映像制作会社にご相談ください。
以下のような流れで、実制作のスタートです。

企 画

制作目的、ターゲット、内容、使用方法、予算、納期などにもとづいて、映像の骨格をまとめていきます。また具体的な活用方法もイメージしていきます。

構 成

具体的なシナリオ・絵コンテを作成し、お打合せを重ねます。必要に応じて取材や資料収集を行います。また大まかなナレーションも作成します。

ロケハン・撮影

撮影場所を下見・検討することをロケハンといいます。ロケハンを通して絵コンテの再検討を行い、構成の精度を上げていきます。次に必要に応じて撮影します。

素材作成

撮影したムービー素材以外にも、映像制作に必要な素材があります。スチール写真や3DCG、イラスト、グラフ・図表などのグラフィック素材も積極的に活用します。

仮編集

絵コンテに沿って、これまで作成した素材を編集でつなぎます。単につなぐだけでなく、特殊効果を加えたり仮のナレーションなども合わせて編集します。

本編集

仮編集の上映の後、必要に応じて変更や修正を加えます。これで映像自体は完成となります。

M A

映像自体が完成すると、仕上げにナレーション、BGM、SE(効果音)などを収録し音声編集を行います。

完 成

以上の作業を経て編集した映像作品を1つのコンテンツとしてまとめ、仕上げます。

映像の実制作

映像が完成してからが本番です。ニーズに合った活用方法を具体化してゆきます。
また、活用してみて、得られる視聴者からの反響・要望をさらなる活用にフィードバックしてゆくことも非常に重要です。

  • 展示会・イベントで上映
    展示会・イベントで上映
  • 社内研修で活用
    社内研修で活用
  • データベースへの展開
    データベースへの展開
  • ウェブサイトへの展開
    ウェブサイトへの展開
  • 各種メディアにプレスして配布
    各種メディアにプレスして配布
  • iPadに入れて活用
    iPadに入れて活用