映像制作のケーススタディ1:丸一鋼管株式会社様

株式会社エルモ
>  > 丸一鋼管株式会社 様

映像制作ケーススタディ

ケーススタディ1




丸一鋼管株式会社 様
広報、IR、リクルート活動など、幅広く活用。
「多様途企業映像コンテンツ」の
構築をお手伝い。


BEFORE

ビデオイメージ10年前に制作された「会社案内ビデオ」リニューアルのご相談をいただきました。
弊社としてはまず、現状のビデオの問題点についてヒアリングを始めました。様々なご意見の中で、「リクルート活動くらいにしか利用できていない」ことがわかり、今回のリニューアルでは、「多用途に活用できる映像コンテンツ」の構築を主目的としてご提案しました。
また、以前の会社案内ビデオは「女性リポーターが企業を案内する」という演出スタイルで作られていましたが、数年前からその女性の衣裳の古さなどから「映像全体の古さ」が見る人の印象に残ってしまうことも、大きな問題でした。
早速、実際に映像を活用できるのは、企業活動のどういったシーンか?を調査・分析。その結果、リクルート活動以外にも、IR活動(株主総会、投資家説明会、各種イベント)や販促(製品・技術の展示会)、工場見学会など、多彩な場面で活用したいとの声があることが分かりました。

矢印

AFTER

ビデオイメージその結果、目的や対象者にあわせて、内容の組換えできる会社案内DVDが完成しました。 「一枚のDVDで様々な用途に対応できる」とクライアント企業のご担当者様からも好評をいただいています。
また、リポーターが主役ではなく「丸一鋼管という企業で働く社員」を主役においたシナリオ・撮影を実現、現場や企業全体のモチベーションアップにも貢献しました。 さらに完成後も、年に一度内容を見直し、情報更新することで、つねに情報の鮮度維持に努めています。


展開フローイメージ

フローイメージ





ケーススタディ 既存の映像資産をリニューアルしてリフレッシュ。 2D・3DCGでのビジュアル表現が効果的な好例。
ケーススタディ 店頭用販促映像で他社との差別化を図る。 上質な画面構成でブランドイメージも向上。
ケーススタディ 製品購入者へのノベルティとしての映像。
取扱説明ビデオに、プラスアルファのアイデア。
ケーススタディ 広報、IR、リクルート活動など、幅広く活用。 「多様途企業映像コンテンツ」の構築をお手伝い。

お問い合わせ